名無し文学部@774Netz

アニメの感想評価を付けます

B! ゴロビシャ ネメシスの使い魔

クリムトとはウィーン美術の新たな幕開け

クリムトは結婚してはいないものの、子供が14人いたとされ、アトリエに出入りするモデルたちのと間に子供をもうけていた。

ポスター クリムト キス PP-30540

ウィーン分離派

クリムトは保守的なウィーン美術に反発し、ウィーン分離派を立ち上げる。

クリムトを始め、ウィーンの芸術家の多くは、「ウィーン造形芸術家協会」の会員だったが、その保守的な体制への不満からクリムトら他の進歩的な芸術家たちと協会を脱会し、1897年にウィーン分離派を立ち上げた。

分離派会館で展覧会を開いて各国の芸術を広く紹介し、ウィーン美術の国際化を図った。

クリムトも慣習や世論にとらわれない新たな表現を模索する。

1902年第14回ウィーン分離派はベートーベンをテーマに、平面、立体、建築、装飾などの芸術形で手がけられたベートーベンフリーズを製作する。

金箔などの素材が用いられた壮大な壁画は総合美術を目指した展覧会、ひいては、分離派の理念を体現する作品となった。

ヌーダ・ヴェリタス

裸の真実

ヘビは罪

鏡と裸体は真実

ユディト1

旧約聖書外典に登場

未亡人ユディト

祖国を救うべく戦う。司令官ホロフェルネスの首を切り落とし、恍惚な表情と匂い立つような官能性。

油彩画に初めて金箔を使用。額縁はクリムトがデザイン、弟ゲオルクが製作。

 

王新曲第9版

前兆34の壁画

第1の壁幸福への憧れ

悪に立ち向かう黄金の騎士

 

第2の壁敵対する力

 

ゴルゴン三姉妹

悪の化身テュフォン

金箔や真珠母貝

第三の壁幸福への憧れ

歓喜の歌

接吻

 

死の女神が現れる

しょ芸術に導かれ、理想の世界は

 

猿の上半身。鳥の羽。蛇の尻尾

 

鬼火とは狐火のこと

青や緑の光。

ファム、ファタル運命の女

 

クリムトは30代半ばから風景が

エミーリアフレーゲらとザルツカンマーグートの湖

 

避暑地

 

最初期の作新

1898ハルシュタット湖

 

雨後鶏のいるザンクトアガータ

 

フランス派っぽい。ほぼ原色で塗られているのが特徴的。ウィーンでは風景画を書かなかった。気遣いを要する都会での人物画の政策とのバランスを保ってあだ名かも。

 

家畜小屋の雌ウシ

フレーゲ家とザルツブルク近郊のゴリング。

家畜は珍しい。セガンティーニの影響があるかも?

丘の見える庭の風景

ゴッホの影響あり

 

生命の円環

テーマの一つに生命の円環がたる。

その背景には、1892年の父と弟の死、そして1902年の3人目の息子オットーの死があった。

1894年にいらい、1907年作成のウィーン大学講堂の天井画だった。哲学、医学、法学を主題に、人間の存在を象徴的に表現。生命は愛し合う男女や子を宿した女性、老いて死にゆく人間の存在。批判を招いたが、受胎から誕生、成熟、死までを表現。女の三世代などの象徴的な美術へと昇華させた。

 

リアムンク

 

24歳で死去。社会的に大きく話題に恋の悩みでピストル自殺。

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。