名無し文学部@774Netz

アニメの感想評価を付けます

B! ゴロビシャ ネメシスの使い魔

IQが高いほど病気になりやすい?どっちかっていうと発達障害と関係ありそう

IQが高いほど病気になりやすい?

 「IQが高い人ほど、病気になりやすい」ことが、IQが高い人の団体であるMENSAを対象とした研究によって明らかになりました。

気分障害やアレルギーの有病率が特に顕著で、IQが原因というより、自分の興味があることに没頭しすぎて、不健康になりやすいようです。

発達障害特有の過集中が原因

なんとなくわからなくもない…

でもIQってよりかは発達障害の方が関係ありそうなんですよね。発達障害の特徴としてあげられる過集中というものが原因で病気になってしまうのだと思います。

過集中というのは文字の通り集中しすぎるってことですね。

私もネット中毒なので飯抜きでスマホやらパソコンいじってますのでかなり不摂生な生活をしております。一応トマトかじったりサプリメント補給してるし、大丈夫だと自分に言い聞かせておりますが、このままだと体壊しそう…

運動はしないですけど、散歩が好きだったり、不動産が好きなのでかなりの距離を歩きますので、足腰は意外と大丈夫なんじゃないかと思うんですけどね。そもそもまだ若いからあんまり体にガタはきてないですけど、やっぱり土日二日間しっかり休まないときついときもある。

高いIQの人ほど病気になりやすいことが判明、その理由とは?

頭が良ければ、高い収入や社会的地位を手に入れることが可能なことから、知能が高い人ほど健康に生きられるようにも思えます。しかし、知能指数(IQ)が上位2%の人しか加入できない団体であるメンサの会員を対象とした調査により、IQが高い人ほど心身の健康を損ないやすいことが判明しました。

High intelligence: A risk factor for psychological and physiological overexcitabilities - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0160289616303324

Bad News for the Highly Intelligent - Scientific American
https://www.scientificamerican.com/article/bad-news-for-the-highly-intelligent/

アメリカのピッツァー大学で心理学について研究しているRuth Karpinski氏らの研究グループは、アメリカのメンサ会員3715人を対象としたアンケートを実施し、気分障害・不安障害・注意欠陥多動性障害自閉症スペクトラム障害・アレルギー・ぜんそく・自己免疫疾患を患っている人の数を調査。その結果をアメリカの全国平均と比較しました。

その結果が以下のグラフです。棒グラフは左から気分障害・不安障害・注意欠陥多動性障害自閉症スペクトラム障害・食物アレルギー・環境アレルギー・ぜんそく・自己免疫疾患を表していて、黄色が全国平均・茶色がその病気の診断を受けたメンサ会員・焦げ茶色が医師による診断と自己診断を合計したメンサ会員の有病率です。どの病気を見ても、全国平均よりメンサ会員の有病率の方が上回っていますが、特に気分障害では全国平均の約2.5倍、環境アレルギーでは全国平均のちょうど3倍と顕著な結果となりました。

f:id:createday:20191024005242j:image

Karpinski氏らの研究グループはこの結果について、非常に高いIQを持つ、いわゆるギフテッドの人々によくみられる「Overexcitability(過度激動)」が原因ではないかと考えています。過度激動とは、刺激に対して過剰に反応してしまうという性質のこと。これにより、IQが高い人は「職場の上司から否定的な評価を受けた際などに考えすぎてしまい、そのストレスが元になって心身に異常をきたす」といった形で健康を損なってしまうのではないかというのがKarpinski氏らの推測です。

一方で、アメリカの科学誌Scientific Americanに掲載された記事でこの研究結果を取り上げたミシガン州立大学の心理学教授デビッド・ハンブリック氏は、「IQが高いグループの方が一般人のグループより有病率が高いことが分かったとしても、高いIQが疾病の原因だと証明されたわけではありません」と指摘しています。というのも、「知的な探究に没頭している人は、平均的な人よりも運動や社会的な活動に割く時間が短いため、結果として不健康になりやすい」など、IQの高さと疾病は直接関係がないとも考えられるからです。

実際に、3歳でIQ171という天才児の事例では「IQが高い子どもは1日中学習に没頭してしまいろくに食事をしないので、親は高カロリーな食事とジュースを用意しなければならない」ことが指摘されています。


研究グループは今回の研究結果について「知能が高い人は精神的・肉体的な疾病のリスクが著しく高いとの知見をもたらしました。ただし、因果関係の解明には至っていません」と述べて、今後の研究によりIQの高さと健康の関係性が明らかになることへの期待感をのぞかせました。

高いIQの人ほど病気になりやすいことが判明、その理由とは? - GIGAZINE

ソース

High intelligence: A risk factor for psychological and physiological overexcitabilities - ScienceDirect

 

High intelligence: A risk factor for psychological and physiological overexcitabilities
Ruth I.KarpinskiaThomas B.Borowskid
Highlights
 


A potential association between a hyperbrain (high IQ) and a hyperbody was examined.

Those with high IQ had higher risk for psychological disorders (RR 1.20 - 223.08).

High IQ was associated with higher risk for physiological diseases (RR 1.84 - 4.33).

Findings lend substantial support to a hyper brain/hyper body theory.
 
Abstract
High intelligence is touted as being predictive of positive outcomes including educational success and income level. However, little is known about the difficulties experienced among this population. Specifically, those with a high intellectual capacity (hyper brain) possess overexcitabilities in various domains that may predispose them to certain psychological disorders as well as physiological conditions involving elevated sensory, and altered immune and inflammatory responses (hyper body). The present study surveyed members of American Mensa, Ltd. (n = 3715) in order to explore psychoneuroimmunological (PNI) processes among those at or above the 98th percentile of intelligence. Participants were asked to self-report prevalence of both diagnosed and/or suspected mood and anxiety disorders, attention deficit hyperactivity disorder (ADHD), autism spectrum disorder (ASD), and physiological diseases that include environmental and food allergies, asthma, and autoimmune disease. High statistical significance and a remarkably high relative risk ratio of diagnoses for all examined conditions were confirmed among the Mensa group 2015 data when compared to the national average statistics. This implicates high IQ as being a potential risk factor for affective disorders, ADHD, ASD, and for increased incidence of disease related to immune dysregulation. Preliminary findings strongly support a hyper brain/hyper body association which may have substantial individual and societal implications and warrants further investigation to best identify and serve this at-risk population.
Graphical abstract

f:id:createday:20191021173936j:image

ようこそ!名無し文学部へ
楽しんでいってください。